みなさん、インターネットでアルバイトなどの求人情報を探す際にどういったサイトで探していますか?CMなどの広報活動を積極的に行っている有名なアルバイト情報サイトをチェックする方もいれば、ソーシャルを活用した求人情報サイトなど、昨今は仕事を探すのに苦労をすることはまずないでしょう。

「あなたは本当にその求人情報から自分のバイトを探したいですか?」
まずは、求人サイトの仕組みを理解してほしいので、3つポイントをお話しをしましょう。


求人サイトの仕組み3つポイント

①求人サイトは出稿企業から掲載料をもらっている
②求人サイト内ではより高いプランを申し込めば目立つ場所に掲載できる
③求人サイトは多額の資金を活用してあらゆる場所で広告を配信している

今のままでいいの?

多くの有料求人サイトはクライアントからもらう報酬で、活動をしているため、ユーザーよりもクライアント企業の希望のほうが優先度が高いのです。結果、操作性のある情報が有料求人サイトには掲載されているということなのです。 もう一度言いますが、「あなたは本当にその""操作性のある""求人情報から自分のバイトを探したいですか?」そんな自己主張の強いWEB広告に飽き飽きしている皆さんに、とても公平性の高い求人サイトをご紹介したいと思います。

公平性の高い求人サイトはこれ

①Indeed
インディードは世界的に有名な無料の求人サイト。基本的に地域とフリーワード(職業など)のキーワードから該当する情報を探すシンプルなサイト。給与などの追加条件で絞り込めるものの、日本の求人媒体に比べるとかなり殺風景。広告枠はありますが、表示回数が増えるだけといったシンプルな仕組み。

②CareerJET
こちらのキャリアジェットも無料の求人サイト、Indeedと並んで、数多くの求人を抱えている。どっちが良いのかと聞かれると困るが、どっちでもいいという答えになってしまいます。それくらいCareerJETもシンプルな仕組の求人サイト。


③CAVA OFFER(キャバオファー)
こちらキャバオファーも同様に無料の求人サイトですが、並んでいる情報がキャバクラ求人などのナイトワーク系が中心。キャバクラやクラブ、ガールズバーなどの情報が掲載されているサイトです。エリアと職種系のキーワード(フリーワード)で探すといった簡単な検索。自己主張の強い求人サイトと異なり、限られた情報しかありません。筆者が知るなかでは、業界唯一の無料のキャバクラ求人サイトである。まだ情報が少ないものの、これから広まっていけば求人数も増えることでしょう。


上手に情報の取捨選択をしよう

昨今、こういった形態の求人サイトが人気をジワジワ獲得している。若者は広告はフラットな情報ではないという固定概念があるのがヒシヒシと伝わってきますね。
みなさまも情報過多の現代で上手に情報の取捨選択が出来るようチェックをしてみください。